ED治療で若さを取り戻す

年齢と共に誰しもに訪れるED。
いわゆる勃起不全のことです。
これは年齢だけでなく、若い人でも仕事のストレスや性へのコンプレックス、体調の乱れなどから容易になり得るものです。
他にも高血圧や糖尿病、喫煙、アルコールなど、挙げればきりがありません。
女性が思う以上に男性はナイーブな部分があるんですね。
年齢が原因の場合多くの人が諦めてしまうと思いますが、年齢や他の理由を含めて、ある程度であればED治療薬で治療することが出来ます。
ED治療薬というと誰もが知るバイアグラがあります。

バイアグラジェネリックとは?

バイアグラはそこそこ値段も高く、金額とEDを天秤にかけて諦める方も多いんじゃないでしょうか。
そういう方のために開発されたジェネリック医薬品というものがあります。
ジェネリック医薬品と言うのは後発医薬品のことです。
つまり後発、あとから開発された薬なんですね。
とは言っても違うのは製法や成分が少し違う場合がほとんどです。
最初に開発される薬というのは多額の開発金がかかっているため、値段も高くなってしまいます。
そしてその薬の権利を守るため、多くの場合特許を取ります。
特許を取ると、多くの情報が詳細に公開されるため、簡単に言えば真似をすることが出来るわけです。
もちろん特許の有効期間中に真似をして製品を売り出せば違法になってしまいますが、特許が切れた後や特許が及んでいない海外では簡単に開発することが出来ます。
だから、ジェネリック医薬品というのは通常よりも非常に安価に手に入るわけです。
そしてその一つにカマグラゴールドという薬があります。
これはジェネリック医薬品の一つで、陰茎の海綿体が硬直しているのを緩め、血流を良くすることで勃起を促すというものです。
またカマグラゴールドに含まれる成分の一つには、勃起を持続させる成分も含まれているため、勃起はしても持続できないという心配はありません。
もちろんED治療としてお医者さんにかかるというのも一つの手です。
ですが私も含めて、こういう類の悩みはなかなか人に言えるようなものではなく、それがお医者さん相手だとしても、「誰かに見られてるんじゃないか」、「知り合いがいたらどうしよう」などと、病院に行くことを躊躇してしまう人も少なくないと思います。
もちろん上に挙げたように値段が壁となる場合も多いですね。
しかしカマグラゴールドは個人使用であれば、個人輸入が法律にて認められています。
そして安い。
輸入と言ってもきちんと日本語に翻訳されているので、使用方法が分からないだとか、どういう成分を使っているかが分からないということはありません。
ただし気を付けないといけないのは副作用です。
これはED治療薬とか関係なく、どんな薬にもあることで、当然普通の風邪薬にだって副作用はあり、発生する可能性もあります。
ED治療薬は血液の流れをよくする効果があるため、心臓の弱い方や年齢が上の人は使用を避けたほうがいいかもしれません。
お医者さんで話だけ聞いて、カマグラゴールドを使うというのも一つの手ですね。
用法用量を守り、適切な使用を心がけることでED治療をしていきましょう。